青汁から葉酸を摂取しよう

妊婦には「葉酸」が必要ということで知られていますが、今では「妊婦は、毎日400マイクログラム摂取することが望ましい」と、母子手帳に書かれるほどの重要なビタミンなのだそうです。
そして妊婦がなぜ葉酸を摂らなければいけない理由としては、胎児の神経管閉鎖障害の発生を防ぐことがあげられます。
この神経管閉鎖障害というのは、脳や脊椎を形成している神経管に関わってくる先天異常なのですが、 この障害によって流産や死産の確率が上がったり、また生まれてきても、下肢などに障害がでてしまう可能性のあるとても恐ろしいものです。
こちらのサイトに青汁の副作用についてのページがありますので、ご覧ください。
「葉酸」が何に含まれているのかといえば、「緑黄色野菜」が1日の摂取に相応しい量が含まれています。
勿論、他にもありますが「葉酸」が熱に弱いためにどうすれば壊さずに摂取できるのかが悩むところでもあります。
また「葉酸サプリメント」などで過剰に摂取した結果、妊婦本人が発熱やじんましんを起こすことになったり、 また子供が喘息になってしまうといったリスクもあります。
ですから、普段以上にデリケートな妊娠時だからこそ、サプリメントなどに頼るのではなく、食べ物から摂取することが望ましいのです。
そうなるとやはり「緑黄色野菜」が一番ということになります。
しかし普段から野菜不足の体に「緑黄色野菜」は食欲を感じられないかもしれませんし、量も野菜不足を補うほどには食べられません。
そこで「青汁」がいいのではないでしょうか。
ただし目的で選ぶのなら「葉酸」表記がしっかりしたのがいいのですが、意外と少なかったり、数値が載っていないのが現状なのには驚きます。
それでも「葉酸」が1袋100μgを越える「青汁」といえば、「えがおの青汁」http://www.pest-one.com/choose.html192.5μg、「青汁三昧」147μg、 そして堂々の200μg越えはエバーライフの「おいしい青汁新鮮搾り」が250μgも入っています。
ですから、これらを「緑黄色野菜」と一緒に1日の中で摂ればいいのではないでしょうか。
まして「青汁」には他にも色々な成分が含まれています。
体の益になりこそすれ、害にはならずに、カロリーも低いので安心して飲むことができます。
青汁に含まれる栄養素については、こちらのサイトが詳しく解説しています。