青汁でダイエットする時の注意点

まったく健康な人には、あまりありません。むしろ野菜不足解消のために、どんどん飲んでくださいというくらいです。
ただし、飲めば飲むだけ体にいいと言うわけではありませんし、「青汁」だけのダイエットなんてとんでもありません。
あくまで青汁は栄養補助のためであって、普通の食事を少し抑えて痩せるのが目的なのです。

「青汁ダイエット」は青汁だけ飲んで痩せるためのものでは絶対にありません。そのことだけは絶対に忘れないでください。
ただし病気を持っている人は、注意が必要です。

それは「青汁」の持つ効能が、病院で処方されている薬の効果を抑えてしまう可能性があるからです。
あまり病気の人にダイエットはお勧めではありませんが、たまに体のためにやせなさいと言われることはあります。
そういう時はお医者様に「青汁」を飲んでもいいかを相談してください。

そしてできるのならば病気になる前に、健康のためにも「青汁」を飲んでのダイエットをしてください。なってからでは規制がかかる可能性もあります。
「青汁」での「ダイエット」の基本は食事の前に飲むことで、まずは食事を少し抑えることです。こちらのサイトでは青汁で体質改善について紹介しています。
そして毎日続けるために、飲みやすい「青汁」を選ぶようにしてください。

例えば「ケール」が主体の青汁を選んだとしたら、飲みやすくなっているとはいえ、自分の口に合わなかったら、
毎日続けることが嫌になってしまいます。
そんな時に、はちみつなどを加えて飲みやすくするのは体にはいいです。実際に「はちみつ青汁」という商品も出ているほどです。
ただダイエットにはあまりお勧めできません。はちみつはカロリーとなるからです。それでしたら他の「青汁」がお勧めです。

特に飲みやすい「桑の葉」が主成分となった「青汁」はいかがでしょう。
「桑の葉」にはDNJ(デオキシノジリマイシン)と言う成分が含まれており、糖の吸収を抑える効果があるといわれていますし、
飲みやすい緑茶や抹茶と配合されていることが多いので、お茶のように飲める「青汁」もあります。
青汁の効果の中に抜け毛関係の効果があります。
抜け毛の主な原因は男性ホルモンの異常分泌と言われています。
こちらに 男性ホルモンを抑えるシャンプーや育毛剤や育毛シャンプーのランキングが載っているサイトがありますのでご覧ください。